ストレスからの食いしばりは噛み合わせを悪化させる!


ストレスで歯を食いしばる癖がある方は噛み合わせバランスが崩れているおそれがあります。歯を食いしばる行為は想像以上に歯や顎に負担を掛けてしまうためです。

また無意識のうちに歯を食いしばってしまうこともあります。
例えば寝ている間の歯ぎしりが強い方は歯を食いしばっているのと同じく歯や顎に負担が掛かっています。意識していなくてもストレスを感じると自然と歯を食いしばってしまいますので、噛み合わせにどんな影響があるのかは計り知れません。
そのためストレスを感じやすい方ほど噛み合わせが悪くなっていないか日頃のチェックが必要になります。

もし噛み合わせが悪くなっていたら、定期的なメンテナンスも兼ねて専門クリニックへ通いましょう。そのうえでストレスの上手な解消法も取り入れて、歯や顎への負担を減らすように取り組んでください。

身体的な負担だけではなく精神的な負担を軽減することも噛み合わせの悪さを改善するポイントですよ。

This entry was posted in 噛み合わせが悪くなる原因とは. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります