噛み合わせが悪いと脳の働きが鈍る


噛み合わせの悪さは物理的な影響だけではなく脳内にも及びます。
最近になって言われているのが噛み合わせが悪いと脳の働きが鈍くなるということです。

脳の働きは独立しているわけではなく人間の身体の様々な器官と連動しています。
一見すると関係の薄そうな噛み合わせも脳の働きに影響しているのです。

その理由は噛む力が脳の血流を促進するためです。
つまりしっかりと力強く噛むことによって脳への血流が進んで働きが一層と高まります。

逆に噛み合わせが悪いと噛む力が弱まり脳への血流が鈍くなってしまいます。
この状態が続くと脳の働きが弱くなり、徐々に記憶力が低下すると言われています。

必ずしも噛み合わせの悪さが脳の劣化に繋がるとは限りませんが、影響がある以上は噛み合わせを改善する方が良いでしょう。噛み合わせを良くすることのメリットは他にも得られますので、しっかりと治しておくべきです。

治療の第一歩はカウンセリングから始めてみましょう。

ピックアップ

噛み合わせが悪い方は新宿デンタルオフィスまで
噛み合わせが悪い方は新宿デンタルオフィスまで
噛み合わせが悪いことに悩んでいるならしっかりと改善できるクリニックを選びましょう!噛み合わせだけではなく顎回りの症状も治療してくれます!身体の不具合に悩まされる前に早めに噛み合わせ治療を受けてください!
This entry was posted in 噛み合わせの悪さで起こる体の不調. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります